大阪文化財研究所:陶磁器ギャラリー

TOPページ > 遺物ギャラリー > 陶磁器ギャラリー > 呉須赤絵鉢

呉須赤絵鉢(ごすあかえはち)

呉須赤絵鉢(ごすあかえはち)

器高8.0cm 口径19.1cm 高台径7.0cm./.出土地点 中央区平野町1丁目

腰の張った大振りの体部に、高く直立する削出した高台が付く。内面底部中央に2mm程の高まりがある。高台端面周辺と、外面端部下半に橙褐色の粗い砂粒が付いている箇所があり、その上部の口縁には歪みがみられる。淡褐色の緻密な土に白化粧をして、後に透明釉を掛けている可能性がある。高台周辺とその内部は露胎である。文様は内底面の圏線の中に「魁」字を手早く描き、外部は果実等を不均衡に描いている。「魁手」と呼ばれる中国南方産の赤絵である。17世紀前半の土壙の中から、初期伊万里と黄瀬戸鉢と共に出土している。