大阪文化財研究所:陶磁器ギャラリー

TOPページ > 遺物ギャラリー > 陶磁器ギャラリー > 伊賀水指

伊賀水指(いがみずさし)

伊賀水指(いがみずさし)

器高18.7cm 口径(16.5cm)〜(17.0cm) 最大径(21.5cm)
./.出土地点 中央区道修町1丁目

ロクロ成形による力強い矢筈口の水指である。胴段部には自然降灰釉が掛かる。一方の耳際の左右に意図的とも思われる飴釉状の垂れがある。上半には檜垣状の、下半には縦方向のヘラ目が施されている。底近くには水平方向のヘラ目もある。底は3分の1が残っているが、目跡らしき痕跡が2ヶ所ある。胎土は非常に緻密である。大坂冬の陣(1614年)の焼土層から出土した。