大阪文化財研究所:陶磁器ギャラリー

TOPページ > 遺物ギャラリー > 陶磁器ギャラリー > 青織部向付

青織部向付(あおおりべむこうづけ)

青織部向付(あおおりべむこうづけ)

器高4.8cm 口径11.3〜12.3cm./.出土地点 中央区大手前4丁目

タタラ成形されたL字形の向付である。銅緑釉が二方につけ掛けられ、内面底部の斜めに残された部分に梅を、外面側部に木賊文を描く。銅緑釉には濁りが見られ、鉄絵は茶色く鮮明に発色し、その上に掛けられた長石釉はやや薄くむらがある。ヘラ削り調整された底部には少し低めの半環足が付けられる。内面には布目がみられる。外面側部はヘラ削り調整され、その下部の角をヘラで削り、面取りがされている。17世紀初頭の地層から出土している。