大阪文化財研究所:陶磁器ギャラリー

TOPページ > 遺物ギャラリー > 陶磁器ギャラリー > 志野茶碗

志野茶碗(しのちゃわん)

志野茶碗(しのちゃわん)

器高8.8cm 口径(13.0cm) 高台径6.2cm ./.出土地点 中央区高麗橋1丁目

深く大きめの志野茶碗である。瀬戸黒茶碗に似た、腰部からほぼ真っ直ぐ立ち上がって口縁部に達する半筒形で、縦に数本のヘラ彫りの他は、腰部に変化の少ない素直な茶碗である。高台は輪高台を削出し、胴部に比べてやや変化のある削りとなっている。胴部には館の文様が描かれ、高台脇まで長石釉が厚く掛けられている。釉は淡い灰白色に白濁し、鉄絵の発色は不鮮明である。見込みには渦巻状の茶溜りが付けられ、重ね焼きの円錐ピン痕がみられる。17世紀初頭の地層から出土している。