大阪文化財研究所:陶磁器ギャラリー

TOPページ > 遺物ギャラリー > 陶磁器ギャラリー > 志野茶碗

志野茶碗(しのちゃわん)

志野茶碗(しのちゃわん)

器高7.2cm 口径11.4〜12.0cm 高台径5.7cm./.出土地点 中央区平野町1丁目

肉厚でほぼ真っ直ぐに立ち上がる半筒形の小振りの茶碗で、底部が肉厚で手取りは重い。ロクロ成形、ヘラ削りの後、胴部の二方をヘラで斜めに内へ凹ませられ、やや楕円形を呈する。胴部外面の二方に草文などが描かれる。長石釉は淡黄白色を呈し、やや焼き過ぎで、釉の一部は泡状になって白濁し、剥離している。見込みは扁平で茶溜りはなく、中央部に円錐ピンの痕が残る。輪高台や高台脇はざっくりしとした粗い土をみせ、高台脇は淡褐色の火色がみられる。出土品には珍しい完形品である。17世紀初頭の遺構から出土している。