大阪文化財研究所:陶磁器ギャラリー

TOPページ > 遺物ギャラリー > 陶磁器ギャラリー > 瀬戸黒茶碗

鉄釉茶碗(てつゆうちゃわん)

瀬戸黒茶碗(せとぐろちゃわん)

器高7.6cm 口径13.7cm 高台径5.8cm./.出土地点 中央区平野町1丁目

丸腰部から屈曲してほぼ真っ直ぐ立ち上がる半筒形で、口径の割に器高が低く、底部が肉厚で手取りの重い茶碗である。側部には、縦のヘラ削りが顕著で、口縁端部には横ヘラによる口造りがみられる。底部はヘラ削りされ、中央部には低い輪高台が2段に削り出されている。見込みには、広くて浅い茶溜りがつけられる。高台および高台脇を五角形に残して鉄釉が施され、焼成中の引き出しにより、漆黒色を呈するが、全体にはやや焼成不良で、光沢のない灰黒色の柚膚となっている。高台および高台脇には、他の瀬戸黒茶碗の口縁部の上に重ねて焼成した熔着痕が残る。17世紀初頭の遺構から出土している。