大阪文化財研究所:陶磁器ギャラリー

TOPページ > 遺物ギャラリー > 陶磁器ギャラリー > 鉄釉茶碗

鉄釉茶碗(てつゆうちゃわん)

鉄釉茶碗(てつゆうちゃわん)

器高8.2cm 口径11.8cm 高台径6.3cm./.出土地点 中央区北浜東

丸みをもつ腰部から真っ直ぐ立ち上がる腰丸の半筒形の茶碗である。 高台は削出しの輪高台で、高台を除いて鉄釉が施される。 瀬戸黒茶碗に類似する器形であるが、引き出されておらず、 胎土は黄褐色で、釉は失透した艶消しの灰黒色を呈し、部分的には緑黄色に発色している 。見込みには緩やかな茶溜りがつけられている。瀬戸黒茶碗へと変化する前段の茶碗と考えられ、 尼ヶ根1号窯(多治見市小名田町)の発掘資料にみられる。16世紀末の地層から出土している。