難波宮大極殿発見50周年記念『難波宮 百花斉放』開催のお知らせ

TOPページ > 更新履歴 > 難波宮大極殿発見50周年記念『難波宮 百花斉放』開催のお知らせ

難波宮大極殿発見50周年記念『難波宮 百花斉放』開催のお知らせ

ロゴ

 (財)大阪市博物館協会大阪文化財研究所は、 平成24年2月25日に「難波宮大極殿発見50周年記念『百花斉放』」を、なにわ活性化実行委員会と共催いたします。
「日本の古代史と難波宮」と題した講演や、発掘成果による「最新報告 難波宮」、対談「難波宮−半世紀の調査から未来へ向けて」など、 難波宮に関する様々な内容を予定しております。
是非とも皆様にご来場下さるようご案内申し上げます。

【 記 】

日 付 : 平成24年 2月25日(土) 終了いたしました。
時 間 : 10:00〜16:30
会 場 : 大阪市中央公会堂
定 員 : 800名 (無料 ・ 要事前申込 ・ 多数抽選)
締 切 : 平成24年 2月13日(月)必着

【 スケジュール 】

第1部 (午前) 発掘成果による『最新報告 難波宮』
  1.再見!難波宮の建築
     李陽浩(大阪歴史博物館学芸員)
  2.続々新知見!難波宮の官衙と難波京
     高橋工(大阪文化財研究所難波宮調査事務所長)
  3.新発見!木簡が語る難波宮−戊申年銘木簡と万葉仮名文木簡−
    江浦洋(大阪府文化財センタ−調査課長)

第2部 (午後) 講演『日本の古代史と難波宮』
  1.聖武天皇の時代と難波宮
    栄原永遠男(大阪市立大学名誉教授・特任教授)
  2. 高津宮から難波宮へ
    水野正好(大阪府文化財センタ−理事長)

第3部
  対談『難波宮−半世紀の調査から未来へ向けて』
      水野正好、栄原永遠男、長山雅一(大阪文化財研究所長)
      司会 大脇和明(朝日新聞社記者)
  難波宮復元AR披露

【 申込方法 】

往復ハガキで『 住所・氏名(ふりがな)、電話番号、参加希望人数(2名まで) 』
を記入し、下記までお申し込みください。 2月13日(月)必着

〒540-0006 大阪市中央区法円坂1-1-35 アネックスパル法円坂6階
大阪文化財研究所 「難波宮50周年」係
TEL: 06−6943−6833

※お申し込みの際にお伺いした個人情報は当催しに関する連絡や今後の講座企画の参考のためにのみに使用し、 事業終了後は廃棄処分いたします。

【 主 催 】

なにわ活性化実行委員会   

【 共 催 】

(財)大阪市博物館協会 大阪文化財研究所 ・ 大阪歴史博物館   

【 後 援 】

大阪市教育委員会 ・ (公財)大阪府文化財センタ−    

【 問合せ先 】

大阪文化財研究所「難波宮50周年」係 TEL : 06−6943−6833   

※本イベントは"文化庁の文化遺産を活かした
観光振興・地域活性化事業"の補助対象事業です。

ページの先頭に戻る