協会概要:理事長挨拶 - 大阪市文化財協会

TOPページ > 協会概要 > 理事長挨拶

協会概要






理事長挨拶

 このたび公益財団法人 大阪市博物館協会は、2019年(平成31年)4月、大阪市における地方独立行政法人 大阪市博物館機構の設立に伴い、協会事業のうち文化財事業を担ってきた大阪文化財研究所を主体に、一般財団法人 大阪市文化財協会として新たなスタートを切ることとなりました。これまで同様、埋蔵文化財の発掘、調査、研究、保存とその成果の公開・活用を通じて、大阪の文化財保護行政の一翼を担ってまいります。
 今後とも、1979年(昭和54年)7月以来、40年の長きにわたり蓄積してきた経験と知識・技術及び数多くの調査研究成果を継承していくとともに、人材の育成にも取り組むことといたします。
 また、これまでの博物館・美術館や大学などとの相互連携の成果を生かし、さらに緊密な連携のもと、大阪における学術、文化、教育の発展・向上に寄与してまいりたいと考えております。
 旧石器時代から難波宮跡や大坂城跡など豊富で重層的な歴史遺産に恵まれた都市大阪において、これらの歴史遺産を市民の皆様とともに学び、楽しみ、内外に発信し、未来へと伝えていくことは私どもの重要な使命であり、これを機に新たな気持ちを持って文化財事業に取り組んでまいる所存でありますので、今後とも引き続きのご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申しあげます。

2019年(平成31年)4月

一般財団法人 大阪市文化財協会

理事長  楞 川 義 郎

ページの先頭に戻る